【ライカプロフェッショナルストア東京】南雲暁彦によるライカS3作品展示「SVARTPILEN」

ライカプロフェッショナルストア東京では、コマーシャルフォトを中心に映像制作、執筆、セミナー講師など幅広くする活躍するフォトグラファーの南雲暁彦氏が、2020年発売予定のライカの最上位システム「ライカSシステム」の新製品「ライカS3」のプロトタイプで撮り下ろした作品4点を、2019年10月15日(火)~11月9日(土)まで展示いたします。

 

ライカS3は、新たに開発したライカ プロフォーマットの撮像素子を採用したミドルフォーマット一眼レフカメラです。センサーサイズは30×45mmで従来の35mm判カメラより56%も大きく、また画素数は6400万画素で鮮明な画質を誇ります。さらに、ダイナミックレンジが15段階と広くなっているほか、最高ISO感度が50,000に向上し、さまざまな光の状況に対応しながら、ミドルフォーマットのメリットをフルに活かした撮影が可能です。また、大型で明るいファインダー、シャープな描写が可能な高速・高精度のオートフォーカス、3コマ/秒の連写機能も搭載しています。動画撮影機能も搭載し、ミドルフォーマット特有の優れた画質での4K映像表現が可能です。

 

なお、本作品に関する解説を、玄光社発行の「Still Life Imaging スタジオ撮影の極意」(10月28日発売)にてご覧いただけます。

 

会場:ライカプロフェッショナルストア東京 
住所:東京都中央区銀座6-4-1 東海堂銀座ビル2階  Tel. 03-6215-7074
営業時間:11:00 – 19:00 (日・月曜定休) 入場無料
期間:2019年10月15日(火)~11月9日(土) ※11月5日(火)~7日(木)は催事のため閉館

 

南雲暁彦 プロフィール
凸版印刷株式会社 TICビジュアルクリエイティブ部 チーフフォトグラファー
1970年生まれ。幼少期をブラジル・サンパウロで育つ。日本大学芸術学部写真学科卒業。
海外ロケを得意とし、世界遺産を中心に世界300以上の都市で撮影実績を持つ。
APA広告年鑑、全国カタログ・ポスター展グランプリなど国内外で受賞歴多数。
知的財産管理技能士、日本広告写真家協会(APA)、長岡造形大学非常勤講師

Oben